「PayPay」の加盟店で「LINE Pay」が利用可能に--ユーザースキャン限定、8月17日から

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォン決済サービスを展開するLINE Payは7月12日、Zホールディングス(ZHD)とLINEの経営統合による連携強化の取り組みとして、既存の「PayPay」加盟店でも「LINE Pay」が8月17日より利用できるようになると発表した。

ZホールディングスとLINEの経営統合により実現した相互利用
ZホールディングスとLINEの経営統合により実現した相互利用

 利用できるのは、PayPay加盟店のうち、ユーザーがQRコードを読み取る「ユーザースキャン方式」の店舗。LINEアプリはバージョン11.5.0、LINE Payアプリはバージョン3.2.0以上から対応する。なお、PayPay加盟店ではLINE Payクーポンや特典クーポンが利用できないほか、返金は最大60日かかる場合があるという。

 店舗側はこの相互利用に際し、加盟店用QRコードの変更などは不要。また、売り上げの管理も従来の「PayPay for Business」でまとめて管理できる。

 PayPayとLINE Payの連携については、2021年3月の両社経営統合に関する会見内でも触れられており、2022年4月をめどにLINE PayのQR・バーコード決済をPayPayに統合すべく協議をしている旨を述べている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]