ソニー、オンライン会議でも使えるワイヤレスネックバンドスピーカー--話すと聞くを使いやすく

加納恵 (編集部)2021年07月07日 13時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは7月7日、肩にのせて使うワイヤレスネックバンドスピーカーに、オンライン会議での使用に便利な新モデル「SRS-NB10」を発表した。マイクミュート機能や高性能マイクなどを搭載する。発売は7月30日。想定税込価格は1万5000円前後になる。

ワイヤレスネックバンドスピーカー「SRS-NB10」。ホワイトとチャコールグレーの2色を用意する
ワイヤレスネックバンドスピーカー「SRS-NB10」。ホワイトとチャコールグレーの2色を用意する
「SRS-WS1」の装着イメージ
「SRS-WS1」の装着イメージ

 ワイヤレスネックバンドスピーカーは、2017年9月に第1弾モデル「SRS-WS1」を発表。耳元で音が広がるウェアラブルサウンドや低音部分を振動とともに再生する音連動バイブレーションなどを備え、映画や音楽などエンターテインメントモデルとして人気を得ている。

 SRS-NB10は、肩のせという形状はそのままに、コロナ下で急増したオンライン会議でのニーズに応えた新モデル。フルレンジスピーカーユニットを斜め前向きに配置し、背面にはパッシブラジエーターを搭載。包まれるようなサウンドを再生するほか、2つのマイクを備え、声を正確に集音しクリアに届ける、ノイズやハウリングを抑える信号処理により音途切れのない通話品質を確保するなど、送話、受話品質を向上している。

 左右にマイクミュートボタンとボリュームボタンを設け、首元だけで音声の操作が可能。ミュートボタンを押すと、消音を知らせる通知音が7秒間隔で鳴り、オン、オフの状況を把握できる。

ミュートボタン、電源ボタン、充電にはUSB-Type Cを使用
ミュートボタン、電源ボタン、充電にはUSB-Type Cを使用
音量ボタンと再生停止ボタン
音量ボタンと再生停止ボタン

 高さ49mm×幅191mm×奥行き185mmで、重量約113g。約335gだったSRS-WS1に比べ軽量化されたほか、人間工学に基づき身体への設置点を考慮し、重さを分散させた設計のため、長時間装着しても疲れにくいとしている。

 送信機はなく、スマートフォンやテレビなどBluetooth対応機と接続する仕組み。満充電で約20時間使用できるほか、10分の充電で60分使用できる急速充電にも対応する。本体はIPX4の防滴対応。8台までペアリングができるほか、2台の機器を同時に接続できるマルチポイント機能も備える。

 SRS-WS1は映画やゲームなどを楽しむエンターテインメントモデルとして併売する予定。SRS-NB10は耳を塞がず、周囲の音も聞き取れるながら使いやテレワークなど仕事でも使えるウェアラブルネックスピーカーに位置づける。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]