ヤフー、「Yahoo!」の国内商標権を1785億円で取得へ--Oathとのライセンス契約を終了

山川晶之 (編集部)2021年07月05日 16時05分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Zホールディングス傘下のヤフーは7月5日、「ヤフージャパン ライセンス契約」にかかわる基本契約を締結したと発表した。

 「Yahoo!」ブランドに関しては、米通信大手のVerizonが2017年に米Yahoo!を買収して以来、Verizon Media子会社のOath Holdingsが所有しており、ヤフーはYahoo!ブランドを使用するために、これまでOathにロイヤルティを支払っていた。今回、2021年後半に予定されているApolloへのVerizon Media売却完了などを前提条件に、Oathとヤフーが新たな契約を締結。ライセンス契約を終了することで合意したという。

 新たな契約では、Yahoo!およびYahoo! JAPANに関連する日本での商標権を取得できるようになるほか、従来の技術ライセンスの対象一式を永久に利用する権利と関連するサポートの取得、ZHDグループ内での日本におけるブランド使用および技術の利用が加わる。同社によると、商標取得などを含めた契約の対価として1785億円を予定している。

 これにより、国内限定ではあるが、ヤフーはロイヤルティの支払いなしに関連する商標や技術が利用できるようになるほか、これまでヤフー内でのみ利用できたYahoo!ブランドの使用や技術開発を、ZHDグループ内にも展開可能。より機動的な事業展開につながるという。一方で、Oathとのライセンス契約は終了するものの、事業・技術面などにおいて、引き続きVerizon Mediaとの協力関係は維持されるようだ。

 なお、あくまでも可能性の話ではあるが、ZHDグループのLINEもYahoo!ブランドを使えるようになるのかという問いについてヤフー広報部は、「具体的に決まっていることはない。ZHDグループの企業に、サブライセンスは可能な契約となっているが、対象等についての詳細は非開示」としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]