ビックカメラ、「ビックイノベーションキャピタル」を創設--総額100億円規模

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビックカメラは6月25日、同日開催された取締役会において、総額100億円規模のコーポレートベンチャーキャピタル「ビックイノベーションキャピタル」の創設について決議したと発表した。

ビックカメラのマテリアリティビックカメラのマテリアリティ
 

 同社によると、スタートアップ・外部企業等が持つ先進的な技術・商品(開発力)・事業アイデアと、自社の資本・顧客基盤・人材・営業力・ブランドを融合。戦略的事業やプライベートブランド商材の開発など、新たな価値を創造することで本業を成長・拡大させ、オープンイノベーションを加速させることが目的だという。

 投資対象は、「循環型社会(サーキュラーエコノミー)への取組強化」「商品力強化」「販売力強化」というマテリアリティに沿った、アーリーステージからレイターステージまでのスタートアップ企業と外部企業。

 投資地域は、主に日本を想定。投資形態は、同社からの直接投資するとしており、株式の過半数を超えないマイノリティ投資を中心に想定しつつも、事業戦略上の必要性に応じて、過半数を超えるマジョリティ投資も検討するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]