ピクシブ、銀行サービス提供へ--みんなの銀行とタッグ、2021年中に「ピクシブ支店」新設

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ふくおかフィナンシャルグループ(FFG)傘下のみんなの銀行は6月21日、イラストSNS「pixiv」を提供するピクシブと「金融を活用した価値共創にかかる基本合意書」を締結したと発表した。

 みんなの銀行は、デジタルネイティブ向けにゼロベースで設計された国内初のデジタルバンク。シンプルかつモダンなUI/UXを提供し、デジタルネイティブ世代のニーズに寄り添った新しい金融機能・サービスの提供を目指す。2021年5月より個人向けバンキングサービスを開始している。

 同行では、これらの金融・機能サービスを、APIを通じてさまざまな事業者に提供することで、金融と非金融がシームレスに結び付いた新たな価値共創を目指す「BaaS(Banking as a Service)事業」の構築に向けて、事業パートナーとの検討を進めていた。ピクシブはBaaS事業におけるアライアンスの第1弾となる。

 今回の基本合意により、ピクシブはpixivを利用するクリエイターやファン向けに銀行サービスを提供する。ピクシブの世界観を盛り込んだ「ピクシブ支店(仮称)」を、みんなの銀行内に2021年中を目処に新設し、スマートフォンアプリを通じて、オリジナル銀行サービスの提供に向けた協議を進める。

 さらに、同社が今後公開を予定している金融APIを介した連携を通じて、ピクシブのサービス上でシームレスに金融サービスが利用できるように検討する。

 これにより、クリエイターが創作活動を行う上で生じるお金に対する漠然とした不安や負担を軽減すると共に、ファンが楽しくお金を使って作品を楽しみ、クリエイターを応援する仕組みづくりをサポート。加えて、金融の側面からクリエイターやファンに対して、コミュニケーション活性化に向けた価値共創への協議を開始するという。

 なお、連携の具体的な内容、方法などについては、別途関係社間で協議の上、検討を進めていくとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]