ライカ初のオリジナル5Gスマホ「Leitz Phone 1」を写真で見る

山川晶之 (編集部)2021年06月18日 09時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「Leitz Phone 1」本体。約6.6インチのPro IGZO OLEDディスプレイを搭載する。

 「Leitz Phone 1」本体。約6.6インチのPro IGZO OLEDディスプレイを搭載する。

 ライカカメラジャパンは6月17日、同社初のオリジナル5Gスマートフォン「Leitz Phone 1」を発表した。端末価格は税込18万7920円で、6月18日より予約を開始。7月以降での発売を予定している。なお、日本&ソフトバンク独占モデルではあるが、ソフトバンク広報部によるとSIMロックフリー仕様となっており、端末単体でも購入できるという。

 Leitz Phone 1は、スマートフォン最大級の2020万画素1インチセンサーに、19mm F1.9のSummicronレンズを採用したカメラが特徴。SoCはQualcommのSnapdragon 888 5Gで、RAMは12GB、ストレージは256GBと他社のハイエンドモデルと肩を並べる。ボディは、ローレット加工が施されたフレームやマット調の強化ガラスを採用することで、持ちやすさと質感を高めている。

 製造はシャープが担当する。同社は最新スマートフォン「AQUOS R6」で、ライカ監修のカメラを搭載しているが、センサーやレンズ、SoC、ディスプレイに至るまでLeitz Phone 1と同じ仕様となっており、実際のところ両モデルは兄弟関係にある。ただし、R6はカメラのみライカ監修なのに対し、Leitz Phone 1はデザインやUI/UXなどトータルで監修を受けているのが大きな違いという。

 本稿では、Leitz Phone 1の細部を写真で紹介する。なお、カメラアプリを立ち上げての撮影は最終調整中で試すことができなかったため、外観を中心にお届けしたい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]