リコー、ウェブカメラとしても使えるリングライト内蔵タフカメラ--約1cmの近接撮影も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リコーイメージングは6月17日、防水対応のコンパクトデジタルカメラ「RICOH WG-7」を7月9日に発売すると発表した。市場想定価格は5万円(税込)程度の見込み。カラーはブラックとレッドがラインアップする。

WG-7 ブラック/レッド
WG-7 ブラック/レッド

 気密性の高いボディ構造により、水深20mで連続2時間の撮影にも対応する防水性能「IPX8」を実現したほか、2.1mからの落下にも耐えうる衝撃性能、防じん機能などを備えたタフなモデル。

 センサーには有効画素数2000万画素の1/2.3型CMOSセンサーを搭載。レンズは光学5倍ズームに対応し、5~25mm(フルサイズ換算で約28~140mm)の広角対応仕様。電子式の手ぶれ補正も搭載する。

ウェブカメラ機能、最短1cmの接写+リングライトで小さな被写体も鮮明に

 PCに接続してUVCモードで動作するFull HD、30fpsの高画質なウェブカメラとして使用できる新機能を備える。本体のUSB Type-C端子とPCを付属のUSBケーブルで接続する。

 最短約1cmまで近づけた近接撮影ができるほか、内蔵する6灯の大光量可変リングライトを組み合わせることで、通常PCに内蔵されているカメラでは難しい小さな被写体も鮮明な映像で共有可能だ。

 なお、音声機能には対応しておらず、PCの内蔵マイクなどを使用する必要がある。このほか、三脚などに本体を固定するエクステンションアダプタ「TE-2」もアクセサリとして同時発売する。市場想定価格は2000円程度(税込み)。

 その他の主なスペックは、メモリーカードがSD/SDHC/SDXC、インターフェースがUSB Type-Cポート(充電兼用)、HDMI、GPSモジュール、3.0型液晶モニタなど。撮影可能枚数は満充電時で約340枚(静止画)。本体サイズは幅118.2mm×奥行き65.5mm×高さ33.1mm、重量は約219g。

エクステンションアダプタを使用し、三脚に固定してウェブカメラとしての運用もできる
エクステンションアダプタ(別売り)を使用し、三脚に固定してウェブカメラとしての運用もできる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]