ライカ、自社初のスマホ「Leitz Phone 1」発表--1インチセンサー搭載、約18.8万円

山川晶之 (編集部)2021年06月17日 14時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライカカメラジャパンは6月17日、同社としては初のオリジナル5Gスマートフォン「Leitz Phone 1」を発表した。

 ソフトバンクが独占し、国内外含め日本のみで販売する限定モデルだが、ソフトバンク広報部によるとSIMフリー仕様であり、端末の単体購入も可能という。予約開始は6月18日、発売は7月以降を予定している。価格は税込18万7920円。

キャプション
「Leitz Phone 1」
キャプション

 Leitz Phone 1は、カメラに19mm/F1.9のレンズを搭載した2020万画素1インチセンサーを搭載。JPEG以外にRAWで撮影でき、ライカらしいモノクロ写真をスマートフォンで撮影できる「Leitz Looks」モードが利用できる。ToFセンサーも搭載する。

 SoCは、Qualcomm Snapdragon 888 5G、RAM 12GB、ストレージ256GB、スクリーンは、約6.6インチのPro IGZO OLEDディスプレイを搭載。1〜240Hz駆動に対応する。バッテリーは5000mAhを搭載、防塵防滴はIP68に準拠。最大1TBまで対応するmicroSDスロットも内蔵する。

 デザインは、ドイツのミュンヘンにあるライカのデザインスタジオが制作。3Dのライカロゴがシームレスに埋め込まれたマットブラックの背面は強化ガラス製で、アルミ製フレームのサイドにはローレット加工が施されているなど、ライカ品質のボディに仕上がっているという。

 アクセサリも充実している。ライカのロゴマークが入ったマグネット式のレンズキャップや、埃や湿気から保護する高級感のあるケースなども付属する。また、iPhoneや他のAndroidスマートフォンからデータを移行できる「クイックスイッチアダプター」も同梱されている。もし、本体やアクセサリなどの詳細な画像を確認したい場合は、こちらの記事を参照してほしい。

キャプション
キャプション

製造はシャープ、AQUOS R6とは兄弟モデル

 端末の製造はシャープが担当する。シャープは、新作スマートフォン「AQUOS R6」で、ライカが監修したカメラを搭載。こちらも、19mm/F1.9のSummicronレンズに、2020万画素の1インチセンサーを搭載している。

キャプション

 R6はカメラのみライカが監修、Leitz Phone 1は本体のデザインやユーザーインターフェース含め、トータルで監修するモデルと棲み分けされている。ソフトバンクによると、Leitz Phone 1は同社とライカでスマートフォンの企画が立ち上がり、製造パートナーとしてシャープを招き入れて開発がスタートしたという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]