次期「Apple Watch」、プロセッサー高速化や新型ディスプレイ搭載の可能性

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年06月15日 07時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次期「Apple Watch」(仮称「Apple Watch Series 7」)では、プロセッサーの高速化、ワイヤレス接続機能の改善、新しい画面の搭載などが行われると、Bloombergが米国時間6月14日に報じた。また、AppleはApple Watchに新たなヘルスケア用センサーを搭載する計画だが、2021年モデルでは見送る可能性が高いという。

Apple Watch
提供:Vanessa Hand Orellana/CNET

 Bloombergによると、次期Apple Watchには、超広帯域(UWB)機能が搭載される。また、「ディスプレイをフロントカバーに近づける新しいラミネーション技術」の採用により、ディスプレイの縁が狭くなる。一方、Appleがテストを進めている体温センサーについては、2022年モデルに搭載される可能性が高いとされている。

 さらに、2022年には、メインのApple Watch Series以外に、エントリーモデルである「Apple Watch SE」の後継製品と、エクストリームスポーツのアスリートをターゲットとした新モデルの発売も計画されている。このエクストリームスポーツモデルについては、「Explorer」または「Adventure」エディションという名称で販売される可能性があるとBloombegは伝えている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]