任天堂、過去に発売した商品を展示する資料館施設を開設へ--宇治小倉工場を活用

佐藤和也 (編集部)2021年06月02日 11時03分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は6月2日、任天堂宇治小倉工場用地(京都府宇治市小倉町)ならびに建屋について、同社が過去に発売した商品を展示する資料館施設として利用すると発表した。展示と体験を行う観光施設としての集客を目指し、2023年度(2024年3月期)の完成を予定しているという。

 同社のニュースリリースによれば、過去に発売した商品を展示する資料館施設の設置を検討していたが、近鉄小倉駅周辺の活性化を図る宇治市の意向を受け、宇治小倉工場を資料館施設としてリノベーションして活用するという。

 任天堂宇治小倉工場は、1969年に「宇治工場」として建設。その後、現在の宇治工場(京都府宇治市槇島町)の建設と増改築に伴い、1988年に「宇治小倉工場」へ改称したという。宇治小倉工場では、主にトランプ・花札の製造や、サービスセンターとしてゲーム機の修理業務を行っていたが、2016年11月にそれらの業務を宇治工場に移管したため、用地および建屋利用を検討していたとしている。

「任天堂資料館(仮称)」 完成イメージ図
「任天堂資料館(仮称)」 完成イメージ図

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]