MOSH、情熱を持った個人がチームを組んでサービスを売れる「MOSH for TEAMS」

 MOSHは5月20日、同社が運営するネットでサービスを売れるサイト「MOSH(モッシュ)」において、個人がチームを組んでサービスを展開できる「MOSH for TEAMS」を開始すると発表した。

 
 

 MOSHは、ネットであらゆるサービスを誰でも簡単に売ることができるプラットフォーム。ウェブサイト・予約・決済・月額決済・回数券などの機能をスマートフォンで簡単に作ることが可能。また、ポートフォリオ、ブログ機能、顧客管理などの機能を搭載している。現在は主に、クラスやレッスンを提供するインストラクター・講師や、美容メニューなどを提供するサービス業などで利用されているという。

 今回新たに開始するMOSH for TEAMSは、情熱を持った個人がチームを作り、共同でサービスを展開できる取り組み。メンバーごとの売り上げ分配や管理、チーム一覧ページなどを作成できる。すでに吉本興業などがこのサービスを利用しているという。

 同社によれば、MOSHを運営する中で、事業者の顧客が新たに事業者としてサービスを開始するといった、個人からスモールチームにシフトして活動する流れが起きているという。MOSH for TEAMSによって、それらの流れを積極的にサポートするとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]