logo

ヤマト運輸×SHOWROOM、ライブコマースで生産者・事業者を支援

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマト運輸とSHOWROOMは5月12日、ライブコマースを通じた販売支援の取り組みの第2弾を実施すると発表した。毎週水曜20時~21時を「ライブコマースの日」とし、ウェブサイトでSNSと連携した視聴者へのプレゼント企画などを定期的に実施する。期間は5月12日から6月30日まで。

 同取り組みにおいては、ヤマトグループが生産者の紹介および、生産者から発送される商品の配送を担当。

 SHOWROOMは、生産者との契約のほか、オリジナル番組制作とSHOWROOMでの生産者・商品の紹介を担当している。

 
 

 選出された、生産者・事業者自身がライブコマースの配信者「コマースライバー」となり、地域や商品の魅力、商品にまつわるバックストーリーをライブ配信。視聴者がライブ配信中に購入した商品については、後日、ヤマト運輸が購入者へと配送する。

 なお、今回よりヤマト運輸の配送・決済サービス「らくうるカート」とSHOWROOMがAPI連携する。

 今後も両社で連携し、コマースライバーの育成や越境ECなど、生産者や事業者がライブコマースを活用して商品の魅力を発信できるような支援を積極的に行っていくという。また、生産者向け販売支援に限らない新たなビジネスモデル構築の検討も進めていく。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]