アップル、「App Store」審査で2020年に約1630億円以上の不正取引を阻止

Ian Sherr (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月12日 07時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間5月11日、同社の「App Store」で提供するアプリを審査するチームが、2020年に15億ドル(約1630億円)を超える不正の疑いがある取引を阻止したと発表した。審査により、リスクが高く脆弱な要素を含むアプリ約100万本を「App Store」から排除したという。

App Store
提供:Sarah Tew/CNET

 App Storeの審査チームが却下または削除したアプリの数は、新規登録が約100万件、既存アプリのアップデートが約100万件だった。同社はまた、2020年に47万件の不正なデベロッパーアカウントをApp Storeから削除したほか、20万5000件の新規アカウントの作成を阻止したことで、それらのアカウントからApp Storeにアプリが登録申請されないようにしたという。

 さらに、Appleは盗まれたクレジットカード300万枚以上がApp Storeでの購入に使われるのを阻止、また2億4400万件のユーザーアカウントを非アクティブ化し、新規作成が試みられたアカウント4億2400万件分について、不正利用や悪用に一貫して見られる徴候を呈していたとして作成を拒否したとしている。

 Appleについては現在Epic Gamesとの訴訟が注目を集めているが、同社はこれに関してさまざまな情報を開示しており、不正行為阻止に関する今回の発表もその一環だ。Appleは2020年8月、他社の決済処理の利用を禁止するAppleの規則にEpicが意図的に違反したとして、Epicの人気ゲーム「フォートナイト」をApp Storeから削除した。Appleによると、同社の決済処理とApp Storeの厳格な規則は、「iPhone」の安全を維持し、詐欺やハッキング攻撃からユーザーを守るために役立っているという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]