Visa、Apple Payに対応--日本でもiPhoneなどで「Visaのタッチ決済」が利用可能に

山川晶之 (編集部)2021年05月11日 16時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビザ・ワールドワイド・ジャパンは5月11日、Visaブランドの「Apple Pay」対応を日本でも開始すると発表した。iPhoneやApple WatchなどApple Pay対応デバイスで、同社のコンタクトレス決済「Visaのタッチ決済」が利用できるようになる。

キャプション

 Apple Payでは、これまでMastercard、JCB、American ExpressのNFCコンタクトレス決済に対応していたが、新たに、Visaが世界中で展開するコンタクトレス決済が利用できるようになる。なお、一部のカードでは、FeliCaを使ったタッチ決済「iD」や「QUICPay」を経由することで、VisaカードでのApple Pay決済が可能だが、iD/QUICPay加盟店での利用に限られていた。

キャプション

 今回、Apple Payでは、Visaのセキュリティ・プラットフォーム「Visaトークンサービス」を採用。同プラットフォームは、Visaカードの番号や有効期限などの情報をトークンと呼ばれるデジタル識別子に変換することで、実際のカード番号を使わずに決済可能。これにより、スマートフォンの紛失や加盟店への不正アクセスなどによるカード情報の流出を防げるとしている。

 対応するカード発行会社は、アプラス、SMBCファイナンスサービス、NTTドコモ、エムアイカード、クレディセゾン、ジャックス、三井住友カード、楽天カード。すでに、WalletアプリでVisaカードを設定しているユーザーについては、追加の設定なしでVisaの決済機能が使えるようになるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]