アップル、2023年の「iPhone」に独自モデムを搭載か

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年05月11日 10時27分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、米国でスマートフォンを販売する多くの主要企業と同様に、最新「iPhone」に搭載するワイヤレスモデムをQualcommから調達している。しかし、アナリストであるMing-Chi Kuo氏の新しい投資家向けメモによると、早ければ2023年にもその状況が変わる可能性があるという。

iPhone
提供:Sarah Tew/CNET

 MacRumorsが入手したこのメモの中でKuo氏は、AppleがiPhoneで独自のワイヤレスチップを「早ければ」2023年に採用する可能性があると述べている。MacRumorsは、それまでの間に発売がうわさされている「iPhone 13」などの新端末には、引き続きQualcommのワイヤレスチップが採用される見込みだとしている。

 Appleはかなり前から、自社製品を構成するより多くの要素を自社の制御下に置くことを目指して、独自モデムを開発しているとうわさされてきた。チップメーカーのIntelがモデム市場から撤退する計画を発表したことを受け、2019年には同社のモデム事業を10億ドル(約1090億円)で買収している。また同年、ライセンスをめぐるQualcommとの訴訟についても和解し、自社のワイヤレス製品にQualcommのモデムを搭載できる状態を確保した。

 AppleとQualcommが和解した際の裁判所文書(これもMacRumorsが入手している)には、2021年の5G対応Apple製品には、Qualcommの「Snapdragon X60」チップが搭載され、2022年~2023年の製品には「Snapdragon X65」または「Snapdragon X70」が搭載されると書かれているが、Kuo氏による10日の新しいメモによると、その計画が変わる可能性がある。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]