Spotify、アップルに対抗するポッドキャストの有料サブスクを提供開始

Carrie Mihalcik (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年04月28日 10時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スウェーデンのSpotifyは現地時間4月27日、傘下のポッドキャスト企業Anchorを通じて、ポッドキャスター(ポッドキャスト配信者)を対象とした有料サブスクリプションプラットフォームの提供を開始した。クリエイターはポッドキャストのエピソードを有料会員限定にして、Spotifyや他のプラットフォームに公開できるようになる。これに先立ち、競合するAppleは先週、同社のポッドキャストアプリで有料のサブスクリプションサービスを提供すると発表していた。

Spotifyのロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 Spotifyによると、クリエイターは今後2年間、決済手数料を除いて同プラットフォームを無料で利用できる。2023年からは、収益の5%を利用手数料として支払う。サブスクリプション料金は、月額2.99ドル、4.99ドル、7.99ドルの3つの中から選べる見込みだ。

 一方のAppleは、ポッドキャストサブスクリプションの初年度は収益の30%を徴収し、2年目以降は15%に引き下げる。Appleのサービスは、170の国と地域で5月に提供が始まる予定だ。

 Spotifyのサービス立ち上げ時から参加するクリエイターには、12の独立系ポッドキャスターが含まれる。また、同社は米公共ラジオ局National Public Radio(NPR)と提携し、5月4日からNPRの番組の一部を広告なしで有料会員に公開する。

 有料サブスクリプションは、米国で27日に提供が始まり、他の国にも「数カ月」のうちに拡大していくという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]