logo

セブンの商品をロボットが自動配送--ソフトバンク社内で実証実験、エレベーターにも乗れる

山川晶之 (編集部)2021年04月20日 23時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク社内でコンビニの商品を配送するロボットが稼働を始めている。同社とセブン-イレブン、アスラテックの3社は4月20日、自律走行型配送ロボット「RICE」を使用して、セブン-イレブンの商品を配送する実証実験を4月21日から本格的に開始すると発表した。期間は6月30日まで。

キャプション
ソフトバンク社内を移動する「RICE」

 RICEは、アスラテックが代理店となって国内導入する香港Rice Robotics社製の屋内用ロボット。障害物を回避しながら商品を運搬できるほか、ホテル・オフィス・ショッピングモールでの先導・案内も可能。また、エレベーターとの連携機能も備え、自動でエレベーターを呼び、指定された階に移動する。

 1月18日から同フロア内での稼働を開始しており、21日からはエレベーターを介して、別の階のフロアまで自動で届けてくれるようになる。今回、ロボットのフロア間移動を実現する三菱電機のIoTプラットフォーム「Ville-feuille」を利用。ビル内のエレベーター1基がRICE対応となっており、RICEが乗車する際は人間は利用できない(もし中に人がいた場合、降車するようエレベーター内でアナウンスが流れる)。

キャプション
連携したエレベーターであれば自動で乗り降りできる

 今回の実証実験は、ソフトバンク社内にあるセブン−イレブン店舗へのネット注文に限定。注文を受けた店舗スタッフが商品をピックアップしてRICEに搬入し、行き先を設定するだけで、指定したフロアに移動する。目的地に到着し、ユーザー宛に届いた暗証番号を入力すると商品を受け取ることができる。

 取り出し終わったらディスプレイ上の「閉めてホームに戻る」ボタンをタップすることで、蓋が閉まり店舗まで自走する。なお、5分間経っても取り出されなかった場合、商品を載せたまま店舗に戻る。最大積載量は10kg。冷蔵設備は内蔵されておらず、基本的には飲料、おにぎりなどの常温食品、カップ麺、日用品といった約550点の商品を配送する。

キャプション
ネット注文をもとにセブン−イレブンの店舗スタッフが商品を搬入
キャプション
ロボットが到着するとユーザーに開封で必要な暗証番号が通知される
キャプション
最大積載量は10kg。「閉めてホームに戻る」をタップすると自走で店舗に戻る

 RICEの移動はとても静かで、前方に人などが居た場合は控えめにアラート音を出す。時速は4km/hほど、連続稼働時間は8時間。複数の目的地を経由して商品を届けることも機体スペック上できるが、今回は注文ごとに個別配送。注文ごとにチャージステーションに自動で帰還し、そのまま充電するため、バッテリー切れの心配はないという。

キャプション
自動で充電ステーションに戻る
キャプション
RICEの裏側には充電端子などが見える

 セブン-イレブンでは、非接触配送など、ネット注文におけるラストワンマイルを解決する手段の一つとして、ロボットの自動配送を検証。ソフトバンク社内での実証実験を通し、時間帯ごとに購入される商品の傾向や、RICEに追加で必要な機能を調査する。また、需要が見込めそうであれば他の施設でも展開を検討するという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]