LINE、4月12日の障害は「機器の電源断」が原因と公表--外部事業会社の誤作業で

山川晶之 (編集部)2021年04月13日 20時50分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは4月13日、4月12日に発生した障害についてその詳細と対応状況を発表した。

 この障害は、4月12日15時9分から16時1分の約50分間、メッセージの送受信や通話ができない状態にあったもの。原因については、LINEが利用している国内データセンター提供事業会社の誤作業に起因するという。

 同社によると、外部事業会社において、電源停止を伴わずに電源設備のメンテナンス作業をすべきだったところ、同社の誤作業により複数のネットワークやサーバー機器の電源断が発生。通信ができない状態が続いたほか、国内だけでなく海外のユーザーも影響を受けたとしている。

 LINEでは、15時9分に障害が発生したのち、事象の認識および対応策を実施。16時1分には、トーク機能や通話機能などの障害はおおむね解消したという。17時21分には、プロフィール更新や既読表示、グループ参加などの障害も復旧。19時45分には中断していた電源設備の切り戻し作業を開始。20時7分には、メンテナンス作業前の状態に復旧している。

キャプション
障害対応の時系列

 なお、現在も障害影響範囲の確認と一部復旧作業を継続。障害が発生した50分間に送信されたメッセージは不達の可能性があるとしており、同社では再送するよう呼びかけている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]