ライナフの置き配システム、三菱地所グループのオートロック付き賃貸住宅に採用

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライナフは3月26日、同社の置き配システムが、賃貸住宅を運営する三菱地所グループのHmlet Japan運営施設に導入されることが決定したと発表した。4月よりHmlet三軒茶屋、Hmlet原宿、Hmlet高田馬場、Hmlet岩本町での運用を開始し、対象物件を順次拡大する。


 Hmletは、都心の駅近立地に、1カ月から利用できる1Kから2LDKの光熱費込み賃貸住宅を用意している。海外や遠方のビジネスマンが、中期滞在する場合に利用するケースが多く、最低限の荷物のみで1カ月以上滞在するという。今回、日用品等をオンラインショップで購入する入居者に、置き配システムを提供することで、多様な配達ニーズに対応する。

 ライナフは、Amazonの「Key for Business」と、そのほかの宅配会社の置き配が可能な自社製品「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」を、Hmletのオートロック付きの賃貸住宅のエントランス部分に導入する。入居者はあらかじめAmazon等の配送設定で「置き配」を選択しておくことで、玄関前等、指定した場所に荷物が配送される。

 先行して、4月よりKey for Businessを使用した配達を開始。Key for Businessは、Amazonが配達を委託しているドライバーが、届ける荷物を持っている時に限りオートロックを解除できる仕組みだ。

 NinjaEntranceは、その他の宅配会社の置き配を可能にする仕組みで、配送ドライバーのみが一時的にオートロックエントランスを解錠できるセキュアな入館方法によって、安全な置き配が可能となる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]