logo

対馬が舞台のゲーム「Ghost of Tsushima」が映画化--監督はチャド・スタエルスキ氏

佐藤和也 (編集部)2021年03月26日 06時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)から発売されている、PS4用ソフト「Ghost of Tsushima」の映画化が決定し、制作が進行していることが3月26日に発表された。

 Ghost of Tsushimaは、鎌倉時代に起こった「元寇」をテーマとし、武士の道から外れた境井 仁(さかい じん)が、冥府から蘇った「冥人(くろうど)」となり、対馬を敵の手から解き放つ、PS4用オープンワールド時代劇アクションアドベンチャーゲームとして2020年7月に発売された。

 同日付で公開されたPlayStation.Blogでは、開発を手掛けたサッカーパンチ・プロダクションズのクリエイティブディレクターを務めるネイト・フォックス氏によるコメントが掲載。その内容によれば、今回の映画化はソニー・ピクチャーズエンタテインメントとのパートナーシップにより実現したこと、そして監督は、映画「ジョン・ウィック」シリーズを手掛けたチャド・スタエルスキ氏が担当するとしている。

 あわせて、同タイトルの累計実売本数が650万本を突破したこと、そして約半数のプレーヤーが本作を最後までクリアしたとしている。

「Ghost of Tsushima」キーアート
「Ghost of Tsushima」キーアート

(C)2020 Sony Interactive Entertainment LLC. Created and developed by Sucker Punch Productions.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]