ヤマト運輸、コード決済6サービスに対応へ--宅急便や包装資材などの支払いに

山川晶之 (編集部)2021年03月25日 22時21分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマト運輸は3月25日、全国の宅急便センターとセールスドライバーへの決済手段として、4月1日よりQRコード決済を導入すると発表した。

 対応するサービスは、au PAY、d払い、LINE Pay、メルペイ、PayPay、楽天ペイの6種類。現金、電子マネー、オンライン決済に加え、QRコード決済でも宅急便や宅急便コンパクト、クロネコボックスなどの包装資材、トイレットペーパーなど生活用品の支払いに利用できる。

キャプション

 なお、ヤマト便の保険料、宅急便コレクト(代引き)には利用不可という。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]