Indiegogo

手のひら用の空中操作マウス「Tactigon SKIN Reload」--ジェスチャー48種類を使い分け

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポインティングデバイスのなかでは、マウスとトラックパッドの利用者が多いだろう。ただし、用途や好みに応じて使い分けられるよう、多種多様なデバイスが販売されている。

 今回は、手のひらを挟むように装着して使える、新しいタイプの空中操作マウス「Tactigon SKIN Reload」を紹介しよう。現在クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中。

手のひらに装着する空中操作マウス(出典:Indiegogo)
手のひらに装着する空中操作マウス(出典:Indiegogo)

 Tactigon SKIN Reloadは、装着した右または左の手を動かすと、PCのマウスポインターを動かしたり、アプリを操作したりできるポインティングデバイス。しかも、音声コマンド入力にも対応している。

新しいタイプの空中操作マウス(出典:Indiegogo)
新しいタイプの空中操作マウス(出典:Indiegogo)
手のひらに装着(出典:Indiegogo)
手のひらに装着(出典:Indiegogo)

 指でTactigon SKIN Reloadに触れたことも認識されるため、指の触れ方と空中での動かし方を組み合わせると、48種類のジェスチャーを使い分けられる。マウスポインターや各種アプリの操作だけでなく、SDKを使ってロボットやドローン、ゲーム機なども操作対象にできるという。

空中でジェスチャー操作(出典:Indiegogo)
空中でジェスチャー操作(出典:Indiegogo)

 操作するデバイスとの接続はBluetoothを使うので、特別なレシーバーは不要。バッテリ駆動時間は最大40時間。

 Indiegogoでの目標金額は1万ユーロ(約128万7000円)。記事執筆時点(日本時間3月25日16時)で6253ユーロ(約80万5000円)の資金を集めている。キャンペーン期間はあと39日ある。

Tactigon SKIN Reloadの紹介ビデオ(出典:YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]