logo

電子チケット「ZAIKO」がブロックチェーン技術を活用したNFTプロダクトを展開へ

佐藤和也 (編集部)2021年03月24日 18時39分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」を展開しているZAIKOは3月24日、MultiBaasブロックを提供しているCurvegridと提携し、NFT(Non-Fungible Tokens)を活用するD2F(Direct 2 Fan)モデルサービス「Digitama」をローンチした。

 「Digitama」は「DigitalTamashii(デジタル魂)の略語で、ZAIKO独自のNFTサービス。NFTは、従来では困難であった形のないデジタル化されたコンテンツや、マーチャンダイズの所有権をビットコインのようにブロックチェーン技術を駆使し、コピーできない自分だけのデジタル証明書として発行できる非代替トークン。これによって所有者は、今まで証明することが難しかったデジタル資産を、自分だけの物だと証明することが可能となる。

 このサービスを利用することによって、ファンはブロックチェーン台帳を通じてアーティスやイベントのデジタルコンテンツを自分だけの物である証明をすることが可能になり、デジタルコンテンツをコレクションしたり、その権利を転売することなど、これまで例がなかった全く新しい価値観で、自らのデジタル資産の所有権を持つことが可能。アーティストや主催者は、NFTがより高額で新たな所有者に転売された際に、一部の収益を受け取ることができる。現在、ZAIKOではこの取り組みに対して関心のあるアーティスト・イベント主催者と限定的に開発を行なっており、今後も限定的ではあるが、アーティストとの開発を継続していく予定としている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]