RobinhoodがIPO申請--「株取引のゲーム化」批判の渦中で

Oscar Gonzalez (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)2021年03月24日 10時58分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミレニアル世代に人気の株取引アプリ「Robinhood」の開発元で、GameStop株をめぐる論争の渦中にあるRobinhood Marketsが米国時間3月23日、新規株式公開(IPO)の申請書類を非公開で提出したことを公式ブログで明らかにした。

Robinhood
提供:Getty Images

 ビデオゲーム販売を手掛けるGameStopの株価は1月、掲示板サイトRedditに集まった投資家の呼びかけで急騰した。この狂乱的な株取引が続く中、RobinhoodはGameStop株の取引を制限したことで物議を醸し、ユーザーから大きな反発を受けた。Robinhoodは政治家と規制当局の注目も集め、同社の決定に関する米議会での公聴会や調査につながった。

 2013年に設立されたRobinhoodは、手数料無料の株取引サービスと使いやすさで人気が急上昇した。Robinhoodで株取引を始めるユーザーが増えるにつれて、州の規制当局識者らはRobinhoodが投資を「ゲーム化」しているとして批判するようになった。2020年6月には、20歳のユーザーが73万ドル(当時のレートで約7600万円)の損失を出したと思い込んで自殺した。

 RobinhoodによるIPO申請のニュースは、Bloombergが先に報じていた

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]