バイデン氏、巨大企業の規制推進派カーン氏をFTC委員に指名

Shelby Brown (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子 (ガリレオ)2021年03月23日 10時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Joe Biden米大統領は米国時間3月22日、反トラスト法を推進し企業による独占に批判的なLina Khan氏を、米連邦取引委員会(FTC)の委員に指名すると発表した。プライバシーやデータセキュリティなどを監督するFTCにおいて、Khan氏は3人目の民主党委員となる。

Lina Khan氏
Lina Khan氏
提供:The Washington Post/Contributor

 Khan氏は以前、米下院司法委員会の反トラスト法、商法、および行政法に関する小委員会の顧問を務め、GoogleやAppleといった企業からなるデジタル市場の調査に協力した。現在はコロンビア大学法科大学院の准教授として、反トラスト法、インフラ産業関連法、独占禁止の慣行について教え、執筆している。

 またKhan氏は以前、研究やジャーナリズムを通じて企業の独占力に対抗する組織Open Markets Instituteのリーガルディレクターを務めていた。反トラスト法小委員会の顧問を務める以前に、Khan氏とFTC委員のRohit Chopra氏は、企業や競争法違反を取り締まる明確な規則が必要だとする論文を共同で執筆している

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]