logo

SIEとRTS、世界最大級の対戦格闘ゲーム大会「Evo」を共同買収

佐藤和也 (編集部)2021年03月19日 11時17分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントLLC(SIE)と、Endeavorのeスポーツ事業から新たに誕生したRTSは3月19日、両社のeスポーツ合弁会社を通じて、世界的に知られる大型格闘ゲーム大会である「The Evolution Championship Series」(Evo)に関する資産について、同大会を運営するTriple Perfectから共同で買収したことを発表。今後はSIEとRTSとの間で新たに設立された合弁会社が、Evoの運営を担うという。

 Evoは前身となるイベントを含めて、約25年間展開されている対戦格闘ゲームイベント。現在では国際的な知名度を持つ世界最大級の大会として知られている。なお、Evoの共同創設者であるTony Cannon(トニー・キャノン)、Tom Cannon(トム・キャノン)の両氏は、引き続きアドバイザーとして関わっていくという。

 あわせて、2021年については完全オンラインイベントとして、「Evo Online」を米国現地時間の2021年8月6~8日、8月13~15日に開催することも発表した。参加費は無料で、北米、ヨーロッパ、アジア、中南米地域ではバンダイナムコエンターテインメントの「鉄拳7」、カプコンの「STREET FIGHTER V CHAMPION EDITION」、Warner Bros. Gamesの「Mortal Kombat 11 Ultimate」、アークシステムワークスの「GUILTY GEAR -STRIVE-」のタイトルにより、オープントーナメント方式で実施されるという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]