logo

電子マネー「楽天キャッシュ」、ビットコインからのチャージに対応--実店舗でも決済可能に

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天ペイメントは2月24日、暗号資産交換業を運営する楽天ウォレットと、暗号資産の現物取引サービスにおいて、保有するビットコインなどの暗号資産をオンライン電子マネー「楽天キャッシュ」にチャージし、全国の「楽天ペイ(アプリ決済)」および、「楽天ポイントカード」加盟店などで利用できるサービスを開始した。

キャプション

 サービスの対象となる暗号資産は、「楽天ウォレット」の現物取引サービスで運用できる「ビットコイン」、「イーサリアム」、「ビットコインキャッシュ」の3種。楽天ウォレットの現物取引専用アプリを通じて、手数料無料で暗号資産から楽天キャッシュにチャージ可能。チャージ額は、最低1000円、最大10万円(1カ月累計)。

キャプション

 これにより、楽天市場や楽天トラベルといった楽天グループの各種サービスのほか、楽天ペイや楽天ポイントカードアプリを利用し、全国のスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどでの決済に利用可能。なお、楽天ペイの場合、楽天キャッシュで支払うと、「楽天ポイント」が100円(税込)につき1ポイント貯まるようになる。

 これまで、楽天ウォレットで扱っていた暗号資産は、売却後に所定の手数料300円(税込)を支払うことで、銀行口座を経由した出金・利用が可能だった。

 同社によると、2021年春を目途に「楽天ペイ」アプリ上で「楽天ウォレット」アプリへアクセスできる機能(現物取引口座開設が必要)および、暗号資産から「楽天キャッシュ」へのチャージを可能とする機能(現物取引専用スマートフォンアプリのインストールが必要)を提供する予定だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]