logo

LINE Fukuoka、西鉄とDX推進で連携--第一弾はLINEを使った順番待ちサービス

山川晶之 (編集部)2021年02月16日 16時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINE Fukuokaと西日本鉄道は2月15日、「LINEを活用した西鉄グループのDX推進に関する連携協定」を締結したと発表した。

キャプション
(左から)西日本鉄道代表取締役社長執行役員の倉富純男氏、LINE Fukuoka取締役COOの鈴木優輔氏

 今回の協定では、交通・商業・観光などの西鉄グループ各事業と広範囲で連携。第一弾として、定期券発売所における混雑解消施策「LINEで順番待ち」を提供。西日本鉄道では、新年度や新学期における定期券発売所の混雑解消を目的に、LINEを活用して受付番号を発行。行列の解消、待ち時間の有効活用につなげるという。

 開始日は3月1日で、天神定期券発売所にてスタートする。利用には、西鉄電車または西鉄バスのLINE公式アカウントを友だち追加し、アカウント内で「LINEで順番待ち」を選ぶと、受付番号を発行。順番が来ると、LINE上で通知が受け取れる。待ち時間を生かすため、定期券発売所周辺の店舗で利用できるクーポンもあわせて発行するという。

キャプション
LINEで定期券発売所の混雑具合がわかるように

 西日本鉄道は、福岡県を拠点とする大手私鉄の1社で、1日100万人以上が利用する鉄道・バスをはじめ、ショッピングセンター、オフィス、スーパーマーケット、ホテルや観光列車、遊園地など幅広く手掛けている。同社代表取締役社長執行役員の倉富純男氏は、「わかりやすい案内、スムーズな予約決済、モバイルオーダーなど、福岡の皆様の生活をより便利にしたい」と語った。

キャプション
西鉄グループ全体でLINEと連携する

 LINE Fukuokaは、LINE国内第2拠点として2013年に設立。「福岡市LINE公式アカウント」や“災害時モード”の開発など、スマートシティの実現に注力している。最近では、行政のDX化を目指すべく、福岡市LINE公式アカウントのソースコードやノウハウを他の自治体に無償で提供する「LINE SMART CITY GovTechプログラム」を全国でスタートさせている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]