リバランス、システム+産業医で従業員の健康をサポートする「健康経営クラウドサービス」

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リバランスは2月2日、判定アルゴリズム搭載の健康管理システムと産業医によって従業員健康リスクを解決するクラウドサービス「医師による健康経営クラウドサービス」の提供を開始したと発表した。

キャプション

 同サービスは、産業医として約1万人の従業員の健康を管理する医師であり、現役アスリート・トレーナーが開発した健康管理システム。勤怠データ、健診結果、問診/アンケートの3つを入力すると、判定アルゴリズム搭載の健康管理システムが従業員の健康リスクを診断。さらに、産業医がダブルチェックを行い、問題が見つかった従業員に対して解決策をアドバイスするのが特徴だ。

 費用は、従業員あたり500円/月。オプションとして、保健師オンライン面談(4000円/30分)、産業医オンライン面談(1万5000円/30分)、産業医契約(5万円〜)、健康相談室(従業員あたり100円/月)、健診管理業務代行(従業員あたり200円/月)、保健師コンサル(4万円〜)を用意する。

キャプション

 リスクのある従業員数の推移など、目的別にさまざまなグラフが作成されるほか、分析などにも対応し、従業員の健康増進だけでなく、労務負担の大幅カットにも期待できるという。

 現在、従業員49名以下の企業には産業医選任の義務がない。しかし、安定して社業を行うには「健康経営」の実現が急務になっている。また、従業員50人以上で産業医を選任済の企業でも、産業医の人材不足によって経験豊富な産業医と契約できていない企業もある。加えて、50名未満の支社・営業所を多数抱える大企業は、現行の法令遵守だけでは従業員の健康管理が難しく、労務リスク・訴訟リスクを抱えている場合もある。

 そこで同社は、今回発表した医師による健康経営クラウドサービスによって、これらの企業の健康経営実現をサポートしていくという。

キャプション

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]