任天堂、「Switch」好調--「あつ森」は累計販売3100万本を突破

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年02月02日 10時53分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)の累計販売台数が2020年の最終四半期に、「ニンテンドー3DS」を超えた。任天堂は2月1日、「2021年3月期第3四半期決算短信」を公開し、Switchの2017年からの累計販売台数が7987万台に達したことを明らかにした。3DSの2011年からの累計販売台数は7594万台だ。

任天堂
提供:Érika García / CNET

 Switchの累計販売台数は、「Wii」の1億163万台は超えておらず、任天堂の他のいくつかのゲーム機にも届いていない。「ゲームボーイアドバンス」は8151万台、「ゲームボーイ」は1億1869万台、「ニンテンドーDS」は1億5402万台となっている。

 アナリストのDaniel Ahmad氏は、スイッチの成功を「Wii U」と対比させている。2019年9月に発売された「Nintendo Switch Lite」の累積販売台数(1353万台)は、Wii U(1356万台)に肉薄している。

 大勢のスイッチユーザーに、リラックスして過ごせる島が必要だったようだ。「あつまれどうぶつの森」は2020年、累計販売本数3100万本を突破した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]