au、20GBで月額2480円の新ブランド「povo」発表--1回200円で24時間データ使い放題も

山川晶之 (編集部)2021年01月13日 11時48分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは1月13日、オンライン特化の新ブランド「povo on au」を発表した。2021年3月から提供を開始する。

キャプション
KDDI代表取締役社長の高橋誠氏(漢字ははしご高)

 povoは、20GBのデータ通信を月額2480円(以下、すべて税別)で利用できるのが特徴。5Gには2021年夏ごろに対応予定のほか、追加費用なしでテザリングも利用可能。20GB超過後は1Mbpsで通信でき、データ容量の追加費用は1GBあたり500円となる。なお、キャリアメールには対応しない。

キャプション

 povoの提供に際し、オンライン型携帯電話事業のノウハウを持つシンガポールのCircles Asiaと協業。これにより、「トッピング」という形で必要なオプションを専用アプリから簡単にオンオフできる仕組みを実現。テザリング含め1回200円で24時間データ通信が使い放題になる「データ使い放題24時間」などを用意する(ネットワーク混雑時や動画・クラウドゲーム利用時などで速度制限する場合あり)。

キャプション
キャプション

 同プランは、NTTドコモが発表した「ahamo」やソフトバンクの新コンセプト「Softbank on LINE」が提供する20GBプランより500円安価だが、両社のプランで含まれる5分間の通話定額は盛り込まれておらず、povoでは月額500円のトッピングとして用意されている。通話かけ放題はプラス月額1500円だ。

キャプション

 これについてKDDI代表取締役社長の高橋誠氏(漢字ははしご高)は、「20代未満のユーザーの6割が、音声通話を(月に)10分未満しか利用していない」と述べており、デジタルネイティブ世代にあまり需要のない音声通話をオプションとして切り出すことで、大手3キャリアのなかで最安値を実現した。

 なお、ahamoではサービスに含まれるローミングについては検討中としており、「もう少しお時間を頂きたい」としている。また、端末ラインナップについても当初はセット販売は予定しておらず、SIMフリー端末などでの利用を想定しつつも、ユーザーからの要望を聞きながらラインアップを揃える予定としている。

 同社では、オンライン特化のMVNO子会社「KDDI Digital Life」を2020年11月に設立しており、Cricles Asiaとも協業していた。しかし、povoはMVNOではなくKDDIのブランドとして提供される。これについて高橋氏は、「当初はMVNOで提供しようと思っていたが、社会的な動きや他社の動向に対抗するには、auでpovoをやったほうが良い」と判断したとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]