logo

Twitter、トランプ大統領のアカウントを異例の「永久停止」に

Queenie Wong (CNET News) 翻訳校正: 編集部2021年01月12日 07時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間1月8日、Donald Trump米大統領のアカウントを永久停止にした。同氏のツイートが、先週に発生した連邦議会議事堂乱入事件の扇動に続いて、さらなる暴力を誘発する恐れがあるという。また1月20日に予定される次期大統領就任式を前に、武装行動の計画が同社のプラットフォーム上で拡散している例が見つかっているとしている。

Twitterロゴ
提供:Angela Lang/CNET

 現大統領のアカウントを永久停止とすることはTwitterにとって極めて異例の措置。同社は、Trump氏の最新ツイートに公衆の安全を脅かす要素が含まれており、それがさらなる大惨事を招く恐れがあると結論に達したとしている。8800万人を超えるフォロワーを擁するTrump氏のアカウントは、2020年大統領選におけるJoe Biden次期大統領の勝利に異議を唱える一連のツイートを理由に、8日に一時的に凍結されていた。

 Twitterは、Trump氏の最新ツイートがさらなる暴力を誘発する恐れがあると判断した。

 Twitterは、「@realDonaldTrumpアカウントの最近のツイートとそれを取り巻く状況を精査した結果、さらなる暴力を誘発する恐れがあることから、同アカウントを永久に停止した」とツイートした。また、この措置について説明するブログ記事には、「今後の武装抗議の計画がTwitter内外で既に拡散し始めている。例えば、2021年1月17日の連邦議会議事堂と州議会議事堂に対する2度目の襲撃が提案されている」とも記している。

 Twitterの今回の動きは、Facebookによる類似の停止措置に続くもの。6日に発生した連邦議会議事堂襲撃事件は米国社会を震撼させた。この事件では、激戦を繰り広げた大統領選の結果を認定する手続きが行われていた連邦議会議事堂に、近くで集会を開いていたTrump氏の支持者らが乱入し、5人の死者が出ていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]