NEC、約579gの8インチUMPC「LAVIE MINI」発表--Core i7搭載、専用のゲームパッドも

山川晶之 (編集部)2021年01月08日 02時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECパーソナルコンピュータは1月7日、「All-Digital CES 2021」のレノボバーチャル出展において、8インチディスプレイを採用したゲーミング市場向けの新コンセプトPC「LAVIE MINI」を発表した。なお、プロトタイプ機であり発売時期や価格などは未定だ。

キャプション
「LAVIE MINI」

 LAVIE MINIは、8インチWUXGA(1920×1200ピクセル)という16:10のディスプレイを採用したウルトラモバイルPC(UMPC)で、幅20cm、奥行き14.7cm、重さ約579gの軽量・コンパクトを実現しつつ、液晶パネルが360度回転する2-in-1スタイルに対応するのが特徴。バックライト付きキーボードは、丸型キーを採用。詳細は不明だが、小型ボディゆえか一部変則的なキー配列を採用しているように見える。

 CPUは、インテル第11世代のCore i7-1180G7(Tiger Lake世代と思われる)を採用しており、前世代より大幅に高速化されたIntel Iris XeグラフィックスをGPUとして内蔵している。ゲーム機として通用するスペックを備えていることから、ポータブルゲーム機として使えるドッキングタイプの専用ゲームパッドや、据え置きゲーム機としても利用できる4K60p出力対応のドッキングステーションが用意されている。

キャプション
両手で操作するドッキングタイプのゲームパッドを用意
キャプション
据え置きゲーム機として使えるドッキングステーションもある

 その他のスペックとして、RAMは16GB(LPDDR4x 4266MHz)、SSDは256GB(M.2 Type2242、PCIe接続)、Windows Hello対応のIRカメラ、ポインティングデバイスは光学式タッチパッドを採用する。インターフェイスは、USB TypeCポート×2(USB 3.1 Gen2)、3.5mmヘッドフォンジャック(マイク兼用)を内蔵している。

 UMPCは、近年GPDやONE-NETBOOKなど中国メーカーを中心に盛り上がりを見せているが、もともとは日本メーカーが得意なジャンルだった。NECも、「mobio NX」やネットブック「Lavie Light」など、小型ノートPCを提供してきたメーカーであり、LAVIE MINIの投入は同社だけでなく日本メーカーにとっても久しぶりのUMPCマシンと言える。

第11世代CPUに刷新された軽量ノート「LAVIE Pro Mobile」

 13.3インチ(フルHD)で約889gのモバイルPC「LAVIE Pro Mobile」も刷新。Tiger Lake世代のインテル第11世代Core i7-1165G7を搭載する。海外向けモデル専用のキーボード設計を採用しており、キーピッチは19mm、キーストロークは1.5mm。キーボード面が斜めに持ち上がるリフトアップヒンジにより、快適な打鍵感を実現したという。バッテリー駆動時間は約10時間。参考希望販売価格は1699.99ドルだ。

キャプション
「LAVIE Pro Mobile」

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]