logo

MITメディアラボ、新所長を任命--エプスタイン被告のスキャンダルから1年以上

Corinne Reichert (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年12月24日 10時11分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マサチューセッツ工科大学(MIT)のMITメディアラボは米国時間12月22日、MITで航空工学と宇宙工学の教授を務めるDava Newman氏が2021年7月に次期所長に就任することを発表した。技術イノベーションセンターである同研究所がスキャンダルに見舞われ、伊藤穰一氏が所長を辞任する騒動が起きたのは、1年以上前のことだ。

MITメディアラボ
MITメディアラボ
提供:Andy Ryan

 Newman氏は学術的な取り組みとして、工学、デザイン、生物医学の研究を統合し、月面探査や火星探査で着用できる「BioSuit」という宇宙服コンセプトの開発などに携わってきた。また4つの宇宙ミッションで主任研究者を務め、スペースシャトルや国際宇宙ステーションにおける宇宙飛行士の活動を調査するための実験や手法を開発した。

 同氏は、オバマ政権下の2015~2017年に米航空宇宙局(NASA)の副長官も務めた。

 「MITメディアラボは、科学、工学、芸術、デザインを集結させて、人類が直面する大きな課題に創造力を駆使して対処するための世界で最高の場所だと心から考えている」とNewman氏は声明で述べた。

 前任の伊藤氏は、MITメディアラボに対する寄付をJeffrey Epstein被告から受け取っていたこと、また、MITメディアラボがその事実を隠蔽(いんぺい)しようとしたことが発覚し、2019年9月に辞任した。投資家だったEpstein被告は、性犯罪で有罪判決を受けていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]