「Firefox 84」、アップル「M1」搭載Macをネイティブでサポート

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年12月17日 13時55分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは、2020年最後のアップデートとなる「Firefox 84」をリリースした。Firefox 84は、Appleの新しいシリコンチップ「M1」をネイティブでサポートする。

 MozillaはFirefox 84について、11月に登場した「Firefox 83」の非ネイティブビルドと比較して、「劇的なパフォーマンスの向上」をもたらすとしている。Firefox 83は、M1を搭載した最初の「Mac」をAppleが発売した1週間後にリリースされた。

 「SpeedoMeter 2.0」テストを用いたMozillaのベンチマークによると、Firefoxの起動速度が2.5倍以上速くなり、ウェブアプリの応答性能も向上している。

 新しいM1搭載Macのユーザーは、Firefox 84にアップグレードした後、新しいアーキテクチャーでブラウザーを動かすために、Firefoxを完全に終了してから再起動する必要がある。

 Firefox 84は、M1をネイティブでサポートする最初のFirefoxであると同時に、「Adobe Flash Player」をサポートする最後のFirefoxでもある。どちらをとっても、死後9年経ってもソフトウェアとハードウェアに影響を及ぼし続けているAppleの共同創業者Steve Jobs氏の影響力を思い起こさせる。

 Jobs氏は2010年の公開書簡でFlashについて、成功しているAdobe製ソフトウェアだが、「PC時代に、PCとマウス向けに開発」された「クローズド」な製品であり、当時発売されたばかりの「iPad」や、それ以前に発売された「iPhone」に適していないと述べていた。

 またJobs氏は、ウェブの未来はHTML5とJavaScriptとCSSにあると語っていた。

 Appleの上級幹部であるGreg Joswiak氏は先ごろ、Om Malik氏とのインタビューで、Jobs氏が今も存命であれば、Jobs氏にとってM1が何を意味したかを考えた。

 ワールドワイドマーケティング担当のシニアバイスプレジデントを務めるJoswiak氏は、Malik氏に「Steve(Jobs氏)はよく、製品全体を作るのだと言っていた」と語った

 「iPhoneやiPadからスマートウォッチに至るまで、当社は全てにおいて製品全体を作ってきた。これ(M1)は、Macで製品全体を作るための最終的な要素だった」(Joswiak氏)

 Firefox 84とともに、Mozillaの高速化したGPUベースの2Dレンダリングエンジン「WebRender」が、「macOS Big Sur」、Intelの第6世代GPU搭載のWindowsデバイス、「Windows 7」および「Windows 8」搭載のIntel製ノートPC向けにリリースされる。

 Mozillaは、Linux/GNOME/X11ユーザー向けに高速化したレンダリングパイプラインを初めてリリースすると約束している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]