logo

OPPO、Snapdragon 888 5G搭載のハイエンドスマホを2021年第1四半期に投入へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OPPOは12月2日、Qualcommの新型SoC「Qualcomm Snapdragon 888 5G」を搭載した次世代の「OPPO Find X」シリーズを2021年の第1四半期にリリースすると発表した。

キャプション

 Qualcomm Snapdragon 888 5Gは、5nmプロセスで製造され、QualcommのSnapdragon X60 5Gモデムおよび、無線周波数システムと統合している。同社では、Snapdragon 888 5Gの採用により、5G、イメージング、AIエクスペリエンスを改善するほか、同社のAndroidベースの「Full-Path Color Management System」の採用により、カメラとディスプレイを強化するという。

 また、同社とQualcommは、定期的に世界各国の主な事業者と5Gネットワークの共同テストに参加。2019年12月には、Ericsson、Qualcomm Technologies、Telecom、Telstraと、業界初のDSS(Dynamic Spectrum Sharing)データビデオコールを実現するために協力。2020年7月には、Qualcomm Technologies、Ericsson、Vodafoneとともに、イギリス国内初の5G standalone(SA)networkネットワークの小規模商用トライアルを完了させている。

 現在は、世界中の70以上の主な事業者とパートナーを提携。40以上の事業者と5Gの協力関係を築き、ヨーロッパ・日本・ラテンアメリカなどの市場でビジネスを展開。今後、同社はQualcommを始めとするグローバルテクノロジーパートナーと協力し、世界での5G展開と普及を加速させるとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]