肉の食感や味わいを再現したフェイクミート--焼肉ライク、「日本初の焼肉用代替肉」を展開へ

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ダイニングイノベーションは、飲食店ブランド「焼肉ライク」の全店舗において、12月14日から大豆を用いた焼肉用の代替肉「NEXTカルビ 50g 290円(税抜)」と「NEXTハラミ 50g 310円(税抜)」の販売を開始する。

 
 

 NEXTカルビとNEXTハラミは、10月23日から焼肉ライクの渋谷宇田川町店で先行販売を開始。11月1日には、新橋本店、新宿西口店、赤坂見附店、上野店でも販売を開始していた。

 焼肉ライクによると、「違和感なくて美味しい」「ぜひ定番化を」などの反響があったことから、全店舗の販売を決定したという。

 日本初の焼肉用代替肉(フェイクミート)は、ネクストミーツと焼肉ライクが共同開発した商品。植物性タンパク質(大豆)を原料としたプラントベース食品だ。

 本物の肉の食感や味わいを再現したフェイクミート(代替肉)は、一般的な焼肉と比べると脂質が半分以下で、タンパク質は約2倍と栄養価も高く、アスリートなどにも受け入れられる商品だという。

 また、添加物を使用せず肉そっくりに作られているため、食感や風味を楽しみながら健康的なライフスタイルに移行していきたいという人向けだとしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]