logo

NTTドコモ、eスポーツ事業に参入--「PUBG MOBILE」リーグなどの大会を運営

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは11月5日、エレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)事業へ参入し、2021年2月から新たにeスポーツリーグの運営を開始すると発表した。また、eスポーツリーグおよび、大会開催にあたり、チームオーナーやスポンサーを募集する。

 同社によると、バトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE」をテーマとしたeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」を主催するという。チーム数は16チーム(1チーム5名以上、7名まで登録可能)で、年間2フェーズ制(年間合計100試合)。試合形式は、1チーム4人プレイで16チームが同時に対戦するSQUADとなる。

 フェーズ1は2021年2月〜2021年4月、フェーズ2は2021年7月〜2021年9月の期間で開催される。シーズン賞金総額は3億円。賞金とは別に、プロ選手全員に対して年間350万円以上を保証するという。フェーズ1の優勝チームが上期の世界大会に参加できるほか、年間シーズン総合優勝チームは下期の世界大会に参加できるようになっている。

 さらに、2021年にはライアットゲームズとのパートナーシップにより、「League of Legends:Wild Rift」の大会の開催も予定する。

 同社では、日本におけるeスポーツ市場規模が2019年から2022年で約2倍に拡大すると想定されることから、世界的に人気のあるゲームだけでなく、5Gにより今後のモバイルゲームの市場拡大も視野にゲームタイトルを増やしていく方針だという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]