logo

ツァイス、Lightroom内蔵フルサイズデジカメ「ZX1」を海外で発売--6000ドル

山川晶之 (編集部)2020年10月30日 03時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 光学機器大手の独ZEISSは10月29日(現地時間)、フルサイズイメージセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「ZX1」を米国とドイツで発売したと発表した。価格は6000ドル/6000ユーロ。日本語サイトも公開されているが、価格などの詳細についてはまだ掲載されていない。

キャプション
「ZX1」

 イメージセンサーは、有効画素数3740万画素(総画素数3950万画素)のフルサイズCMOSセンサーで、ISO感度は80〜5万1200までのレンジに対応する。レンズは、Zeiss Distagon 35mm F2、シャッターは機械式レンズシャッターを採用しており、最大1/2000秒とミラーレスカメラなどで採用されているフォーカルプレンシャッターと比べて最高速は劣るものの、レンズシャッターならではのフラッシュ同調最大1/1000秒を実現。シグマのSA-TTLフラッシュをサポートする。

キャプション
ZX1の軍艦部。ホットシューはシグマのSA-TTLフラッシュに対応する

 また、ZX1最大の特徴として、アドビのLightroom CCを内蔵。カメラ内で撮影からレタッチ、Wi-Fiを通してSNSへの投稿まで本体のみで完結する。そのため、デジタルカメラとしては大型となる4.3インチのタッチ対応液晶モニター(1280×720ピクセル:約276万ドット)を搭載。0.74倍のOLED式EVF(1920×1080ピクセル:約622万ドット)も内蔵する。なお、同梱されるLightroomは1年間のサブスクリプションプランで、1TBのクラウドストレージが付属する。

キャプション
4.3インチの大型ディスプレイを搭載

 そのほか、4K/30fps(H.265)、1080p/60fps(H.264)での動画撮影に対応。512GBのSSDを内蔵し、USB TypeCポートで外部ストレージと接続できるほか、SMBプロトコルを使ってWi-Fi経由でNASにアクセスすることもできる。USB TypeCポートは、USB 3.1 Gen1をサポートし、充電ポート(USB-PD対応)やHDMI出力端子も兼ねている。

 サイズは142×93×94mm、重さは837g。交換可能なバッテリーパックは3190mAhとカメラ用としては大容量のものを採用している。

 ZX1は、ドイツのカメラショー「Photokina 2018」で発表。発売時期については2019年初頭とアナウンスされていたものの、その後アップデートされないままとなっていた。今回、2年越しでの発売となり、首を長くして待っていたツァイスファンも多いだろう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]