デンソーテンら、レンタカー受付の無人化や事故低減に向け実証実験--沖縄で

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デンソーテンは10月27日、アイ・ムーヴ、OTSサービス経営研究所、沖縄ツーリストと連携し、沖縄県において通信型ドライブレコーダーを搭載するレンタカー利用者の行動を分析し、レンタカー業務効率化や事故低減の実証実験を今秋から実施すると発表した。

 沖縄県では外国人観光客の増加に合わせて、外国人のレンタカー利用が増加。これに伴い、交通事故も増加傾向にある。当事者だけでなく、地域住民の不安を少しでも解消したい思いから 2019年8月より取り組みを開始していた。

 また、実証実験に向けた準備として、デンソーテンでは、同社が提供する通信型ドライブレコーダーを搭載するレンタカーの走行データ分析や映像データ収集を開始。これらの取り組みは、沖縄県の「令和2年度 アジアITビジネス活性化推進事業(IoT利活用促進)」に採択されている。

 4社によると、レンタカー受付無人化に向けた業務効率化は、接触リスクをなくし、新型コロナウイルス感染リスクの低減につながる取り組みとして捉えているという。

 実証実験では、レンタカー予約者に対してドライブレコーダー映像から作成した運転マナー動画を事前配布(レンタカー利用者の運転傾向からシーン抽出)する。また、貸し出し当日は、スマートフォンアプリで顔認証による予約情報の照合と車両の解錠・施錠を行うなど、レンタカー受付業務の無人化に向けた取り組みを推進する。

 また、ドライブレコーダー映像から自動生成したダイジェスト動画の活用として、旅行前には、おすすめ観光ルート案内や運転マナー講習。旅行後には、メモリアル動画を提供する。

 加えて、国ごとに交通ルールが異なり、不慣れな日本での運転に不安を持つ人に対して、例えば日本の交通ルールや注意点をドライブレコーダーの音声ガイダンスでリアルタイムに伝えるといった安全運転支援(多言語化)や、年代や国籍ごとの運転行動・訪問先の傾向を調べる実証実験も検討していくという。

 さらに、新型コロナウイルス感染収束後のインバウンド需要回復を見越して、観光型MaaSの推進とともに、ドライブレコーダー活用による旅行前・中・後に役立つコンテンツの提供を通し、観光産業の発展と拡大に貢献していくという。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]