logo

米新興動画サービス「Quibi」、12月1日頃にサービス終了へ

Eli Blumenthal (CNET News) 翻訳校正: 編集部2020年10月26日 09時29分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイル動画ストリーミングベンチャーのQuibiが事業を停止する。そして短編動画配信サービスの提供を終了する時期がおおよそ明らかになった。Quibiは米国時間10月22日に公開した顧客サポート記事の中で、「2020年12月1日頃」配信を終了する予定であることを明らかにした。

Quibi
提供:Sarah Tew/CNET

 Quibiは、「エンターテインメントを届ける機会を与えてくれた」ことについて顧客に謝意を示し、サービス終了に関する質問はすべて、help@quibi.comに問い合わせてほしいとしている。また、サービス終了後にQuibiのコンテンツがどのようになるかは未定だとし、最新情報はTwitterで「#Quibi」をフォローするよう促した。

 21日には、Quibiがサービス開始からから6カ月あまりで終了する可能性があると報じられていた。Quibiは、主にモバイルにフォーカスした動画サービスに向け、投資家から17億5000万ドル(約1800億円)を調達し、ハリウッドのスタジオなどの支援を得ていた。

 Quibiは、Dreamworks Animationの共同創業者Jeffrey Katzenberg氏が立ち上げ、eBayやHewlett-Packardの最高経営責任者(CEO)を歴任したMeg Whitman氏がCEOを務めた。両氏は共同でメッセージを公開している。同社は、数多くのスターが出演する番組をスマートフォンなど携帯端末のみで視聴可能な1エピソード10分以下の形式で提供するという型破りな戦略で、「Netflix」「Disney+」「Apple TV+」「Peacock」「HBO Max」など多数の競合サービスがひしめき合う米ストリーミング市場で、最高の結果をもたらす領域を見つけようとしていた。しかし、成功しなかったと両氏は述べている。

 同社は、「Quibiは大きな構想であり、われわれは成功させることを誰よりも望んでいた」とし、「われわれが失敗したのは、試さなかったからではない。自分たちの前にあるすべての選択肢を検討し、万策尽きてしまった」と説明した。また、「戦うことなくこの構想をあきらめたわけではない」ことを知ってほしいとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]