logo

CTO/VPoEを育てる育成型・採用支援サービス「CTOut」--Value market

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Value marketは10月22日、優秀なエンジニアを技術顧問のOJTでCTO(Chief Technology Officer)/VPoE(VP of Engineering)へと成長させる育成型・採用支援サービス「CTOut」をリリースしたと発表した。

 
 

 同社によると、新型コロナウイルスの感染拡大により、企業のDX化が強く求められるが、日本ではそもそもIT組織を牽引するCTO/VPoE人材が圧倒的に不足しているという。

 また、経験者が少ないことに加え、キャリアパス自体が確立していないこともあり、母数が増えず、一部の即戦力人材に需要が殺到している状況にある。

 CTOutでは、これまで十分なCTO/VPoEキャリアを積む機会が得られなかった優秀なエンジニアを対象に、厳選された成長環境と技術顧問によるOJTサポートを提供。最短6カ月でCTO/VPoEを目指す、業界初の育成型・採用支援サービスになるとしている。

 技術顧問が魅力的なサービスを展開する企業を厳選。希望するエンジニアがCTO/VPoE候補者として参画する機会を提供する。また、1人1人の成長に合わせて、技術顧問がOJTを実施し、定期的な1on1、slackサポート、個別研修を行う。

 6カ月間の集中プログラム終了後、双方が合意した場合は、そのまま企業にCTO/VPoE候補として参画できる。優秀なCTO/VPoE候補者を希望する企業には、ヒアリングを実施後、技術顧問が厳選した候補者を紹介する。

 利用に際しては、選考から契約まではすべて無料となっており、契約が決定した場合には毎月の業務委託料(候補者の報酬により変動)と技術顧問によるサポート費用(サポート頻度・内容により事前に決定)が発生するとしている。

 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]