logo

Twitter、リツイートを全て「引用リツイート」の表示に変更--米大統領選を控えた措置

山川晶之 (編集部) 西中悠基 (編集部)2020年10月21日 13時56分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは10月21日、リツイートの運用方法を変更した。従来であれば、通常のリツイートと、ツイートを引用しながらコメントが書ける「引用リツイート」の2種類を選択する画面が表示されたが、基本的に引用リツイートの画面が表示されるように変更されている。

リツイートボタンを押すと、引用リツイートの画面が表示される
リツイートボタンを押すと、引用リツイートの画面が表示される

 この画面では、コメントを入力すると引用リツイートとして投稿されるが、コメントなしで投稿すると、従来通り通常のリツイートとして扱われる。

 今回の変更は、11月3日の米大統領選を控え、誤った情報の拡散を防ぐための措置として導入されたもの。少なくとも、大統領選の投票が実施される週まで、この措置を継続するとしている。

 Twitterでは、「当該ツイートが安易に拡散されるよりも、ご自身の見解、それに対する反応など、会話の文脈が理解しやすくなりより有意義なものになることを期待しています」とコメントしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]