logo

ジンバル付き小型カメラ「DJI Pocket 2」発表--6400万画素センサー、税込4万9500円

山川晶之 (編集部)2020年10月20日 23時20分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 DJIは10月20日、小型カメラ「DJI Pocket 2」を発表した。オンラインストアの価格は税込4万9500円。各種アタッチメントなどのオプションが同梱されている「DJI Pocket 2 Creatorコンボ」は、税込6万4900円。

キャプション
「DJI Pocket 2」

 DJI Pocket 2は、同社の「Osmo Pocket」の後継モデルに位置し、小型ながら3軸ジンバル機構を搭載。ブレを強力に抑えるほか、スムーズなパンやチルトなどが可能だ。センサーは、1/2.3インチ1200万画素から1/1.7インチ6400万画素に刷新。高画素を生かした最大8倍のデジタルズームに対応する。レンズは、35mm換算で20mm F1.8と、前モデルよりも広角に仕上がっている。

 前モデルと同様、最大4K60fpsでの動画撮影に対応するが、今回新たにHDR動画や240fpsのスローモーション撮影に対応。最大動画ビットレートは100Mbps。被写体を自動で追随する「Active Track 3.0」や、ショートクリップを生成する「ストーリーモード」、4つのマイクでサラウンドやズーム連動収録に対応する「DJI マトリックスステレオ」、タイムラプス、AI編集などが利用できる。

 また、アタッチメントでの機能拡張に対応。スマートフォンとのドッキングや、ジンバルを任意の方向に操作できる「ミニ操作スティック」、Wi-Fi&Bluetoothモジュール、オーディオジャック、ワイヤレスマイクレシーバー、外部スピーカー、三脚マウントを内蔵した「Do-It-Allハンドル」などが利用できる。専用のワイヤレスマイクも用意されている。

キャプション
DJI Pocket 2はアクセサリで機能の拡張が可能
キャプション
専用のワイヤレスマイクも用意されている

 バッテリーは875mAhで、最大140分(1080p/24fps時)の撮影が可能だ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]