logo

JR西日本、「モバイルICOCA」を2023年春に提供へ--スマホで定期券などが購入可能に

山川晶之 (編集部)2020年10月16日 16時35分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JR西日本は10月16日、同社のICカード乗車券「ICOCA」をスマートフォンで利用できるようにする「モバイルICOCA(仮称)」を、2023年春に提供予定と発表した。

キャプション

 モバイルICOCAの登場により、スマートフォンアプリ上でチャージや定期券の購入・払い戻しが可能になるほか、東海道・山陽新幹線の「スマートEX」、北陸新幹線の「新幹線eチケットサービス」にモバイルICOCAを登録でき、新幹線の予約、支払い、乗車までスマートフォン1台で完結するという。また、MaaSアプリ「WESTER」や「setowa」との連携も可能だ。

 これまで、JR西日本エリアでモバイルの交通系ICカードを使うには、長年の間、JR東日本が提供する「モバイルSuica」のみ利用できる状態が続いていた。必要な分だけチャージするプリペイドカードとしては問題なく使えるものの、定期券を作ることができないため、通勤・通学で利用するにはICOCAの物理カードを持ち歩く必要があった。

 交通系ICカードのモバイル対応は、2006年のSuicaに続き、関東私鉄各社が手掛けるPASMOが2020年10月より提供を開始。予定通り進めば、JR西日本は3社目のモバイル対応を果たすことになる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]