logo

ポラール、スマートウォッチ「Polar Vantage V2」--胸ストラップ型心拍センサーとの連動も

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポラール・エレクトロ・ジャパンは10月15日、スマートウォッチのフラッグシップモデルとなる「Polar Vantage V2」を発表した。発売日は11月5日。オンラインストアを含む全国のポラール製品正規取扱店で販売を開始する。

キャプション

 カラーバリエーションは、ブラック、グリーン、グレー・ライムの3種類を用意。サイズはいずれもM/Lサイズ。希望小売価格は6万9800円(税別)。胸ストラップ型心拍センサー「Polar H10」とのセットは、希望小売価格7万5800円(税別)。

 なお、本体と「Polar H10」セットのグリーンとグレー・ライムについては、「Shop Polar」での限定販売となる。

 あわせて、Sサイズ用ハーフベルト(ブラック、グリーン、グレー・ライム)を希望小売価格1,680円(税別)にて販売。

 交換ベルトは標準カラー(ブラック、グリーン、グレー・ライム)のほか、ホワイト、レッド、ローズ・プラムの計6色を販売。交換ベルトには、Mまたは、LとSの2サイズを同梱する。希望小売価格は4980円(税別)。

 本製品は、「Polar Precision Primeセンサー」を利用した心拍数計測に加え、パワー計測を使い、トレーニング効果や回復レベルを可視化できるのが特徴。ランニングのパフォーマンスを計測できる「ランニングパフォーマンステスト」、ロードバイクなどの自転車のパワーデータなどを計測できる「サイクルパフォーマンステスト」、脚の筋力の回復度を計測できる「脚力回復度テスト」などを新たに搭載した。

 新設計のアルミニウム合金素材ボディを採用することで、より安定したGPSの受信が可能になり精度が向上したほか、重量が52gとトレーニング時に気にならない軽量性を実現した。

 バッテリーは、トレーニング時にGPSや心拍計測などの全機能を使った場合で最大40時間。心拍計測をオフ・GPSの記録間隔を変更できる省電力設定にした場合は最大100時間の連続使用が可能。

 堅牢性(耐衝撃、防水、防塵など)は、ミルスペック「MIL-STD-810G」に準拠する。

 新機能の「ランニング パフォーマンス テスト」では、徐々にスピードを上げていくビルドアップ走を行い、最大有酸素スピード(MAS)、最大有酸素パワー(MAP)、最大酸素摂取量(VO2max)を計測。

 時計画面に表示されたスピードについていけなくなると計測は自動で終了し、MAX、MAP、VO2maxなどの数値をフィードバック。テスト結果によって、心拍ゾーン、スピード、パワーゾーンが最適化(更新)され、より現状の能力に合ったトレーニングを行うことができるという。

 別売のパワーメーターを利用する「サイクル パフォーマンス テスト」は、1時間を全力で走り切ったときに出せる平均パワー(FTP)と、VO2max、パワーウェイトレイシオ(W/kg)を計測可能。

 プロのアスリートがトレーニング前に回復度を計測する方法のひとつとして取り入れているジャンプの高さ計測について、「脚力回復度テスト」として機能化。本製品を装着したままジャンプを3回行うことで、脚の回復度を数値化できるようになった。

 このほか、スマートフォンの音楽再生コントロール機能やウェブサービス「Polar Flow」上でさまざまなテストで計測したデータを一括で分析できるサービスを追加した。

 サイズは、直径47mm×厚さ13mm。重量は、52g(リストバンド含む)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]