logo

4足歩行ロボ「Spot」とドローンを組み合わせて建築現場の3D写真マップを製作--DroneDeploy

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 建築現場などの3Dデータ化サービスを手がけるDroneDeployは、ドローンからの空撮写真と、ソフトバンク傘下Boston Dynamics製4足歩行ロボット「Spot」で撮影した360°写真を組み合わせ、建物内部も含めた3D写真マップを製作するサービス「360 Walkthrough」の提供を始めた

建築現場向け3Dデータ化サービスに4足歩行ロボットを活用(出典:DroneDeploy/YouTube)
建築現場向け3Dデータ化サービスに4足歩行ロボットを活用(出典:DroneDeploy/YouTube)

 これまでDroneDeployは、ドローンから建築現場などの外観を撮影し、複数の写真を組み合わせて3D写真マップを作っていた。現場用のオーダーメード“Googleストリートビュー”といった位置づけのサービスといえる。

 この写真マップを利用すると、さまざまな高さや方向から現場のようすを見ることができ、高いコスト削減効果が得られるという。ただし、顧客からは地上からや建物内部の写真も合わせて確認したいとの要望が寄せられていたそうだ。

現場用のオーダーメイド“Googleストリートビュー”(出典:DroneDeploy)
現場用のオーダーメイド“Googleストリートビュー”(出典:DroneDeploy)

 そこで、人間やロボットに360°カメラで撮影させ、そうした写真と組み合わせることで建物内部なども含めた3D写真マップを生成できるようにした。さらに、撮影に4足歩行ロボットSpotを使用し、撮影の自動化や省力化につなげている。

リコーの360°カメラ「RICOH THETA Z1」を使用(出典:DroneDeploy/YouTube)
リコーの360°カメラ「RICOH THETA Z1」を使用(出典:DroneDeploy/YouTube)

360 Walkthroughの紹介ビデオ(出典:DroneDeploy/YouTube)


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]