logo

Uber、ロンドンで営業免許の再交付を認められる

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)2020年09月29日 11時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Uberが英国で勝利を収めた。ロンドンの裁判所は現地時間9月28日、Uberを「fit and proper」(適性を有する)と判断して、同社に対する営業免許の再交付を許可した。Uberは2019年11月、安全性への懸念からロンドンでの営業免許を失い、法廷で争っていた。

Uber
提供:Chris J. Ratcliffe/Bloomberg via Getty Images

 ウェストミンスター治安裁判所の判事は判決で、ロンドンで1年半有効な営業免許をUberに与えることに同意した。有効期間の終了後は、再び審査が行われる。

 ロンドン交通局(TfL)が2019年11月にUberからの免許申請を却下した理由は、不正なドライバーが他人のUberアカウントに自分の写真をアップロードして乗客を乗せていたケースが発覚したことなどだった。判事は今回の裁判で、Uberがすでにこうした懸念に「適切に対処している」と結論づけた。

 Uberは2017年9月にも営業免許の更新を却下されている。同社はこの時点で、すでにロンドンの配車サービス業界で有力なプレイヤーだったが、安全性とセキュリティに関する問題と「企業責任の欠如」を理由に更新申請が却下された。同社はこの決定に不服を申し立て、2018年6月に15カ月間の一時的な営業許可を得て、2019年9月にはさらに2カ月延長されていた。同社はロンドンでの営業をなんとか続けようと、さまざまな取り組みを続けてきた。JUMP Bikesの自転車シェアリングサービスをロンドンに再導入したり、Thames Clippersがロンドンで手がけていた水上バス事業を引き継いだりもした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]