logo

MONET、MaaS向けAPIを提供するマーケットプレイス公開--天気や地図データ、決済など

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MONET Technologiesは9月28日、企業や自治体によるMaaS提供の支援を目的に、MaaSのシステム開発に活用できる天気・観光・地図情報などのさまざまなデータやオンデマンドバスのシステム、決済システムなどのAPIを提供する「MONETマーケットプレイス」を提供開始した。あわせて、APIを提供する企業を募集する。

 同サービスは、企業や自治体のMaaSの実現を包括的に支援するプラットフォーム「MONETプラットフォーム」の一部で、車両データや移動データなどを集約するデータ基盤と、MONETマーケットプレイスで構成されている。なお、「MONETコンソーシアム」に加盟している企業を対象に、4月から試験的に運用を開始している。

     オープン初日から提供するAPIは以下の6種。
  • SBペイメントサービスのオンライン決済サービスを利用して、クレジットカードとPayPay(オンライン決済)での決済を可能とする「決済」(提供:MONET Technologies)
  • 予約情報や決済情報を基に、乗車券や入場券として利用できるQRコードを発行する「チケット」(提供:MONET Technologies)
  • 全国(1kmメッシュ)の天気予報を1時間ごとに取得できるAPIと、指定した場所の最寄りの観測地点における過去の観測データを、2008年までさかのぼって取得できるAPIの「天気予報 API」(提供:ウェザーニューズ)
  • 旅行情報誌「るるぶ情報版」などに掲載されている全国の観光スポット情報やイベント情報、温泉地情報、観光視点で区切った全国のエリア区分の情報を取得できるAPI「るるぶDATA API」(提供:JTBパブリッシング)
  • 多彩な地図・位置情報サービスをWebサイトやスマホアプリなどに実装するための開発ツールがセットになったエンタープライズ向けの「いつもNAVI API」(提供:ゼンリンデータコム)
  • 過去の走行データを活用してラストワンマイルにおける最適な配送ルートを計算する配送および、輸送事業者向けのAPI「Loogia」(提供:オプティマインド)
  •  今後は、オンデマンドバスの運行に必要な予約や運行管理などのAPIをまとめて提供する「オンデマンドバス」(提供:MONET Technologies)や、マイナンバーカードと公的個人認証サービスを活用し、犯罪収益移転防止法に対応したオンラインでの本人確認や現況確認を実現する「iTrust本人確認サービスAPI」(提供:サイバートラスト)の提供を予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]