logo

「LINEデリマ」は「出前館」に統合へ--テイクアウト含めたフードプラットフォーム目指す

山川晶之 (編集部)2020年09月10日 13時19分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LINEは9月10日、オンラインカンファレンス「LINE DAY 2020」において、同社のデリバリーサービス「LINEデリマ」とテイクアウトサービス「LINEポケオ」を「出前館」に統合すると発表した。

キャプション
出前館の新しいテーマ「De」

 出前館は、2020年3月に資本業務提携を結び、LINEとNaverから300億円の出資を受け入れている。コロナ禍でデリバリー需要が急増しており、「緊急事態宣言」の期間中、2019年同期と比べて新規登録店舗数は447%、新規登録会員数は453%増加したという。

キャプション
出前館は、緊急事態宣言下で新規会員登録、新規店舗登録数ともに前年同期比で400%を超えたという

 こうした背景をもとに、デリバリーからテイクアウト、LINEを使ったマーケティングを統合するフードマーケティングプラットフォームを目指すべく、サービス領域が似ていたLINEデリマとLINEポケオを出前館に統合。今後、8400万人の会員基盤を生かし、位置情報をもとにしたサービス誘導、AIによるレコメンドを実装。ニューノーマルを追い風に、“フードデリバリーの日常使い”をサポートする。

キャプション
フードプラットフォームを目指す

 また、配送品質向上を目指し、配送クルーの研修プログラムやトラブル管理、差配システムの実装、ユニフォームや配送用資材などをアップデートすることで、デリバリーで求められる料理品質の維持、配送時間の正確性、スタッフ対応品質を高める。また、クラウドキッチンを展開し、有名シェフとコラボすることで、高級店の味を自宅で楽しめるようにするという。

キャプション
「お店の味」を再現して配送するクラウドキッチンも展開

 出前館の配送は、店舗で配送する「自配」、出前館に配送を委託する「シェアリングデリバリー」の2方法を提供している。シェアリングデリバリーのGMVは、コロナ禍の2020年4~6月期において、前年同期比で400%増加したという。同社では、配送拠点を強化することで、2021年までにサービス提供対象人口を4200万人までに拡大する見込みだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]